ベストカレンダーのロゴ ベストカレンダー

恩師の日(「仰げば尊し」の日) (記念日 3月24日)

1690

春の訪れとともに、学校の卒業式が各地で行われるこの時期に、特別な記念日があります。それは「恩師の日(「仰げば尊し」の日)」です。皆さんは、学生時代にお世話になった恩師のことを、どれほど思い出していますか?

恩師の日の由来と意義

恩師の日の制定背景

この記念日は、京都府八幡市の山中宗一氏によって制定されました。3月24日という日付は、多くの学校で卒業式が行われるこの時期に、恩師への感謝の気持ちを形にしたいという願いから選ばれました。

私たちが学び、成長してきた学校時代。そこには、忘れられない先生方の存在があります。恩師の日は、そんな先生方への感謝を忘れずに生きていくための大切な日です。

「仰げば尊し」の歌詞に込められた、師への敬愛と感謝の気持ち。それを実際に形にして、お礼の手紙を書くことで、恩師への感謝の思いを新たにする日なのです。

一般社団法人・日本記念日協会によって認定・登録されたこの記念日は、私たちにとって、感謝の心を再確認する絶好の機会と言えるでしょう。

「仰げば尊し」の歌詞とその意味

1884年(明治17年)に発表された「仰げば尊し」。この歌は、卒業生が教師に感謝し、学校生活を振り返る内容を歌ったものです。特に明治から昭和にかけては、学校の卒業式で定番の曲として広く歌われ、多くの人々に親しまれてきました。

歌詞の中には、「仰げば尊し 我が師の恩」というフレーズがあります。これは、師への深い尊敬と感謝の気持ちを表しています。また、「忘るる間(ま)ぞなき ゆく年月」という部分では、師と過ごした時間の大切さと、それを忘れないことの重要性が歌われています。

この歌が「日本の歌百選」の1曲に選ばれたのも、その普遍的なメッセージが多くの人々の心に響いたからでしょう。

恩師の日は、この「仰げば尊し」の歌詞の精神を実生活に取り入れ、恩師への感謝の気持ちを表現する絶好の機会と言えます。

恩師への感謝の表現方法

お礼の手紙を書く

恩師の日には、感謝の気持ちを込めた手紙を書くことが一般的です。この手紙は、単なる礼状ではなく、学生時代のエピソードや、その後の自分の成長を伝える内容が好ましいでしょう。

手紙を書くことで、改めて自分の過去を振り返り、恩師の存在がいかに大きかったかを実感することができます。また、その手紙が恩師にとっても、大きな喜びとなるはずです。

私自身も、過去に恩師に手紙を書いた経験があります。その時の感動は今も忘れられません。恩師への感謝の気持ちを文字にすることで、自分自身の心も豊かになります。

恩師の日は、そんな心温まる交流を再び持つための素晴らしい機会です。

恩師の日を通じて学ぶこと

感謝の心の大切さ

恩師の日を通じて、私たちは感謝の心の大切さを学びます。人との繋がりの中で、多くの人が私たちの成長に寄与してくれていることを忘れてはなりません。

特に、学生時代にお世話になった先生方への感謝は、一生忘れることのない大切な思い出となります。恩師の日は、そんな思い出を大切にする日であり、感謝の心を育む日です。

恩師への感謝の気持ちを表すことで、私たち自身も成長することができます。感謝の心を持つことは、人生を豊かにするための重要な要素です。

恩師の日は、感謝の心を再確認し、それを実生活に活かすための絶好の機会です。この記念日を通じて、私たち一人一人が感謝の心を持ち続けることができれば、より良い社会が築けるでしょう。

今日は何の日トップページ

新着記事